COLUMN

【掲載のお知らせ】『ANI』(南アジア主要メディア)にて、弊社代表の後藤を含むEO Tokyo Central ビリオンフォーラム9名のインド訪問に関する記事が掲載されました

MEDIA
2024.07.10

南アジアを代表するマルチメディア通信社「ANI」にて、弊社代表の後藤を含むEO Tokyo Central ビリオンフォーラム9名のインド訪問に関する記事が掲載されました。

〇Sairee Chahal and TRTL Ventures create a platform to connect Japanese business leaders with Indian businesses

https://www.aninews.in/news/business/sairee-chahal-and-trtl-ventures-create-a-platform-to-connect-japanese-business-leaders-with-indian-businesses20240709182933/?fbclid=IwZXh0bgNhZW0CMTAAAR2W78e4srmJm81I6lzPUfxhqVZk5QwSexdTTS4roilvTf03ka-RtVywwtE_aem_Ix9kVQcXF4-1PukF79TPcg

 

今回のインド訪問は、弊社投資先であるTRTL Venturesのご案内のもと、インドに拠点を置くスタートアップ企業への、日本からの投資を促進するための大きな取り組みとして行われました。

インドのスタートアップエコシステムは、アメリカに次ぐ世界で2番目に大きな民主主義経済エコシステムに成長しました。過去10年間で、インドのスタートアップエコシステムには、消費者、フィンテック、SaaS、気候、包摂性、サプライチェーン、D2Cなどのセクターに大量の資本が流入してきました。インド経済は世界の同業者を上回り続けており、インドの才能と起業家は世界的に高い需要があります。

インドでは、在インド日本国大使館にて鈴木浩大使を含む大使館の皆様との交流や、「PayPay」に技術提供を行うインド最大の決済サービス事業者のPaytm社への訪問、TRTL Venturesを通して投資を行っている数々のスタートアップ企業とのディスカッションを行いました。

両国を代表する経営者や投資家などが参加した今回のインド訪問は、日印間の二国間貿易と投資の強化に向けた重要な一歩となりました。今後もTRTL Ventures社やインドの支援に注力してまいります。

関連記事

『Hikarie TIMES』に弊社社員のインタビュー記事が掲載されました
弊社社員のインタビュー記事が、『Hikarie TIMES』に掲載されました。 【掲載ページ】 渋谷ヒカリエワーカーが太鼓判!知っておきたい渋谷の楽しみ方。Vol.2 株式会社ディ・ポップスグループ https://www.hikarie-entertainment-times.com/post-11019/ 渋谷ヒカリエワーカーが太鼓判!知っておきたい渋谷の楽しみ方。Vol.2 株式会社ディ・ポップスグループ【後編】 https://www.hikarie-entertainment-times.com/post-12397/ 渋谷発、旬なエンタメWebマガジン。『Hikarie TIMES』は、 〈渋谷ヒカリエ〉と渋谷、カルチャーにまつわる最新情報をお届けしていています。
MEDIA
2024.01.19
『東急グループ渋谷まちづくり戦略』に代表後藤のインタビュー記事が掲載されました
D-POPS GROUP 代表後藤のインタビュー記事が『東急グループ渋谷まちづくり戦略』に掲載されました。 【掲載ページ】 https://www.tokyu.co.jp/shibuya-redevelopment/index.html 【掲載資料(33ページ)】 https://www.tokyu.co.jp/shibuya-redevelopment/210719_factbook.pdf 東急株式会社および東急不動産株式会社は7月29日、「働く」「遊ぶ」「暮らす」の融合と、その基盤となる「デジタル」「サステナブル」への取り組みの実現を目指した、渋谷まちづくり戦略「Greater SHIBUYA 2.0」を策定しました。
MEDIA
2021.10.01
『日経ビジネス』に代表後藤のインタビュー記事が掲載されました
代表後藤のインタビュー記事が『日経ビジネス』に掲載されました。   「人材を育て企業理念を伝える 働く場だけにとどまらないオフィスの価値」 「日経ビジネス」は1969年に創刊された経済メディアです。国内経済メディアとして、27年連続で国内最多の読者にご購読されています(日本ABC協会認証部数)。2019年1月に電子版を創刊しました。 さらに、グループの経営リソースを活用する事で、グループ企業以外の革新的なビジネスモデルを創出し、時代を切り拓いていく将来有望なベンチャー企業にも積極的な投資を推進していく予定です。 協業体制を構築しながら、新たなビジネスを創出する事で相互に大きな飛躍を成し遂げたいと考えております。
MEDIA
2021.03.17
一覧を見る