COLUMN

opzt株式会社の株式取得(子会社化)のお知らせ

IR
2017.04.10

この度、ディ・ポップスグループは、10社目となるグループ会社の株式を取得致しましたので、下記の通りお知らせいたします。

ディ・ポップスグループは、キャリアショップや自社ブランドショップの展開、店頭スタッフの人財派遣、セールスプロモーション、広告デザイン等、オフラインでの事業展開を中心に行って参りました。
弊社グループの事業ドメインである通信業界は、今後お客様ニーズに合わせた選択肢にオンラインでのサービスが強化されていく事が予想されます。

私たちは、今回オフラインでの事業領域の拡大と同時にオンラインでの強化を目的として、本件株式の取得に至りました。

引き続き、opzt株式会社は、Human Solution事業・人材教育/研修事業、障碍者雇用サービス事業、求人採用サイトの運営、自社採用サイト構築システム等を中核事業として推進して参ります。

今後も一致団結して専心努力して参りますので、何卒変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

【株式を取得する子会社の概要】
商号
opzt株式会社

住所
〒541-0053 大阪市中央区本町4-2-12 東芝大阪ビル5階

代表者
赤松文則

事業内容

Human Solution事業
BPO事業
人材教育・研修事業
インターネットを活用したサービス事業
ネットワークインフラ事業
資本金
20,000千円

設立
2013年9月

株主
株式会社ディ・ポップスグループ70%

URL
https://opzt.net/service/

関連記事

AIを活用したペアレンタルコントロールアプリ「コドマモ」の開発及び運営を行うAdora株式会社へ出資
「社会に変革をもたらす多数の成長ベンチャー(ユニコーン企業)を輩出する」ことをミッションに掲げる株式会社ディ・ポップスグループ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:後藤和寛、以下『当グループ』)は、AIを活用したペアレンタルコントロールアプリ「コドマモ」の開発及び運営を行うAdora株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役 冨田直人、以下『Adora社』)に対する出資を行いました。 ■出資の背景 2022年、日本政府は年頭記者会見にて「スタートアップ創出元年」を宣言しました。 当グループは、2017年よりM&AやCVCを積極的に推進し、現在ではグループ会社数20社、投資会社数25社の大規模なグループに成長いたしました。政府がスタートアップ創出の取り組みを進める中、当グループではスタートアップやベンチャー企業にとって成長する土壌となるようなステージ・環境・プラットフォームの創造に注力してまいりました。 「コドマモ」は、AIを活用して子供のスマホ利用における親の悩み上位7つに対して全てに対応するペアレンタルコントロール設定アプリ(iOS版、Android版)です。 当グループは、祖業である株式会社ディ・ポップスにて関東を中心に携帯ショップを50店舗ほど運営していたり、当グループのセグメントの一つであるHR事業にて通信業界を中心に人材派遣を行っていたりと、通信業界で事業を行う中でこどものスマホ利用における社会問題に注視してきました。 AIを活用したペアレンタルコントロールアプリ「コドマモ」を開発・運用するAdora社を応援することで、通信業界がよりよく発展するように寄与したいと考えております。 今回の出資を踏まえてより強固な事業連携を進めることで、Adora社のさらなる成長を支援してまいります。 ■各社 コメント ◎ Adora株式会社 代表取締役社長 冨田 直人氏 後藤社長や杉原さんをはじめとするディ・ポップスグループの役員やアドバイザーの皆様とお打ち合わせした際に、通信・ITでの業界知見に基づく示唆深いアドバイスを多数いただいただけでなく、ビジョンにも大変共感していただき、「この方々とご一緒したい!!」と心から思いました。本件をきっかけに、キャリアショップ様などとの連携を強めつつ、コドマモを日本中、そして世界中に広めていき、世界の子どもたちのインターネット上の安全を守っていきます。 ◎ 株式会社ディ・ポップスグループ 代表取締役/CEO 後藤 和寛 この度、 Adora株式会社に出資させていただき、弊社が推し進めるベンチャーエコシステムに力強い仲間が加わったことを大変嬉しく思っております。 Adora社の、子供のスマホ利用における問題や犯罪に巻き込まれるリスクなどの社会課題に対して、AIを活用したペアレンタルコントロール設定アプリを拡大したいというビジョンをぜひ応援したいと思い、出資させていただきました。 当グループは、祖業の株式会社ディ・ポップスをはじめとし、通信・ITの領域で事業を拡大するなかで、子どものスマートフォン利用による社会課題にも直面してまいりました。多種多様な業種の集まるベンチャーエコシステム内のシナジーを活用しながら、AIを活用した社会課題の解決を後押ししていきます。 我々が進めている「ベンチャーエコシステムの実現」という構想は、ベンチャー企業にとって成長する土壌となるようなステージや環境を提供していくことで、スタートアップの成長を支援し、社会に貢献していくことを目指しています。今後、冨田社長率いるAdora社と共に成長し、Adora社の企業価値の向上に努めてまいります。 ◎株式会社ディ・ポップスグループ アドバイザー 杉原 眼太 スマートフォンとSNSの普及に伴い、子供が被害に合う事件の報道を目にする機会が増えました。私は長年テクノロジー業界に携わってきましたが、インターネットが誹謗中傷や詐欺やいじめを助長するツールとして使われるのを見る度に、悲しい気持ちになります。AIの技術を活用して、世界中の親子が安心してスマホを使えるようにという思いで、「コドマモ」アプリを開発したAdora社の取り組みに大変共感しました。 ディ・ポップスグループでは、「リアル × 人 × テクノロジー」の掛け合わせをテーマとした投資活動を通じて、グループ内シナジーが自然と沸き起こるベンチャーエコシステム作りを目指しています。Adora社は出会った瞬間から理想的な投資先と思えました。グループ企業とともに、社会課題と向き合っていきたいと思います。 ■Adora株式会社 企業概要 会社名:Adora株式会社 代表者:代表取締役社長 冨田 直人 所在地:東京都世田谷区 設 立:2023年7月 コドマモサイト:https://www.kodomamo.com/
IR
2024.07.16
The Salons Japan株式会社との資本業務提携のお知らせ
「社会に変革をもたらす多数の成長ベンチャー(ユニコーン企業)を輩出する」ことをミッションに掲げる株式会社ディ・ポップスグループ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:後藤和寛、以下『当グループ』)は、完全個室型のビューティーモール®️を運営するThe Salons Japan株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役 清水秀仁、以下『The Salons Japan社』)と資本提携に関する協定書を締結致しました。なお本協定において持分法を適用したことをお知らせいたします。   ■資本業務提携の背景 2022年、岸田首相は年頭記者会見にて「スタートアップ創出元年」を宣言されました。 当グループは、2017年よりM&AやCVCを積極的に推進し、現在ではグループ会社数19社、投資会社数24社の大規模なグループに成長いたしました。政府がスタートアップ創出の取り組みを進める中、当グループではスタートアップやベンチャー企業にとって成長する土壌となるようなステージ・環境・プラットフォームの創造に注力してまいりました。 この度、「美容師に、真の"独立"を」を社是とし、日本の美容師・ビューティシャンの独立を応援すべく、現在に至るまで都内に7店舗の完全個室美容モール『THE SALONS』を展開・運営しているThe Salons Japan社と資本業務提携を締結いたしました。 祖業である株式会社ディ・ポップスの店舗開発で培った不動産開拓のノウハウや、ベンチャーエコシステム内でのITや人材等のリソースの提供等、今回の資本業務提携を踏まえてより強固な事業連携を進めることで、The Salons Japan社のさらなる成長を支援してまいります。 ■各社 代表取締役コメント ◎ The Salons Japan株式会社 代表取締役社長/CEO 清水 秀仁氏 当社は2018年の創業より美容モール️®THE SALONSを通して、美容師やビューティシャンの独立を支援してまいりました。この度、"社会になくてはならないベンチャーエコシステムの実現"の理念のもと、様々なベンチャー企業に投資を行っている株式会社ディ・ポップスグループを当社の新たな株主としてお迎えし、共に美容業界の変革を目指していけることを大変嬉しく思います。美容師・ビューティシャンの社会的地位向上をミッションとして、美容業界のエコシステム構築を通して一緒に社会貢献をしていけるのを楽しみにしております。 ◎ 株式会社ディ・ポップスグループ 代表取締役/CEO 後藤 和寛 この度、 The Salons Japan社と新たに資本業務提携を締結させていただき、弊社が推し進めるベンチャーエコシステムに力強い仲間が加わったことを大変嬉しく思っております。The Salons Japan社は日本のビューティシャン達の独立を応援することを掲げており、美容業界の変革を目指すという壮大なミッションを、ぜひ応援したいと思い資本業務提携の締結を決めさせていただきました。祖業である株式会社ディ・ポップスで培った超一等地店舗獲得のための不動産開拓のノウハウの提供や当グループのアドバイザーである杉原の取締役就任により、全面的に支援してまいります。我々が進めている「ベンチャーエコシステムの実現」という構想は、ベンチャー企業にとって成長する土壌となるようなステージや環境を提供していくことで、スタートアップの成長を支援し、社会に貢献していくことを目指しています。今後、清水社長率いるThe Salons Japan社と共に成長し、The Salons Japan社の企業価値の向上に努めてまいります。   ■新取締役就任のお知らせ 今回の資本業務提携に伴い、2024年7月16日付で当グループのアドバイザーである杉原 眼太が、新たにThe Salons Japan社の取締役に就任いたします。杉原は、Google Japan、カカクコム社で執行役員を務めるなど幅広い経歴と経験を持ち、美容業界外の視点からThe Salons Japan社を支援させて頂けると考えております。 ◎杉原 眼太(すぎはら げんた)略歴 1990年 筑波大学情報学類卒。CSK(現SCSK)、第二電電(現KDDI)を経て、2000年以降 AOL Japan、イー・モバイル、Napsterなどの国内外テックベンチャーの創業期や変革期を渡り歩く。2007年に参画したGoogle Japanでは、APACビジネス開発部門のリーダーとしてアジアにおける様々な事業提携をリードし、検索シェア向上と媒体ネットワーク拡大に貢献する。2016年よりカカクコム社の執行役員・経営戦略本部長として、国内外のM&A及びスタートアップ投資活動等を行う。イスラエル系テックベンチャーの日本代表を経て、2024年1月 ディ・ポップスグループ社のアドバイザーに就任。 ◎株式会社ディ・ポップスグループ アドバイザー/The Salons Japan株式会社 取締役(新任) 杉原 眼太 コメント コロナ禍を経て、世の中では改めてリアルの場での触れ合いを求める揺り戻しが起きています。ディ・ポップスグループでは、リアル × 人 × テクノロジーの掛け合わせを投資方針として、ベンチャーエコシステム作りを目指しています。独立を目指す美容師の方々を応援するビューティーモールを運営するThe Salons Japan社は、理想的な資本業務提携先でした。 共同創業者 取締役の窪島氏とは、私がGoogleに入社した直後に重要な協業パートナーの担当の方として出会いました。以来、彼の誠実さとビジネスセンスに惹かれ、長く友人としての関係が続いていました。この度、また一緒に事業に取り組むことができ、深い縁と大きな期待を感じます。   ■『THE SALONS』とは The Salons Japan社は「美容師に、真の"独立"を」を社是とし、美容師・ビューティシャンが月額費用のみで独立、簡単かつローリスクで出店することが出来る完全個室美容モール『THE SALONS』を展開・運営し、美容師・ビューティシャンの皆様のステップアップを応援、将来的に路面店を持つという目標や展望のサポートを行っております。 現在日本の美容業界では、美容師・ビューティシャンのフリーランス化は進んでおりますが、路面で店舗を持つにはまだ様々なハードルがあります。『THE SALONS』は美容師・ビューティシャンの皆様に店舗運営や経営の学びの場をご提供し、店舗出店を目指す独立の第一歩、選択肢のひとつになればと考えております。 今後も当社は多くの美容師・ビューティシャンの皆様の独立を応援出来るよう、新しい店舗展開を行う予定です。   ■企業概要 会社名:The Salons Japan株式会社 代表者:代表取締役社長/CEO 清水 秀仁 所在地:東京都世田谷区松原2-43-11 キッドアイラックビルヂング 2F 設 立:2018年11月30日 サイト:https://www.thesalons.co/
IR
2024.06.27
生成AI領域でサービスを展開する株式会社フラクトライトへ出資
「社会に変革をもたらす多数の成長ベンチャー(ユニコーン企業)を輩出する」ことをミッションに掲げる株式会社ディ・ポップスグループ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:後藤和寛、以下『当グループ』)は、生成AI領域でサービスを展開する株式会社フラクトライト(本社:東京都港区、代表取締役:中川優志、以下『フラクトライト』)に対する出資を行いました。   ■出資の背景 2022年、岸田首相は年頭記者会見にて「スタートアップ創出元年」を宣言されました。 当グループは、2017年よりM&AやCVCを積極的に推進し、現在ではグループ会社数19社、投資会社数24社の大規模なグループに成長いたしました。政府がスタートアップ創出の取り組みを進める中、当グループではスタートアップやベンチャー企業にとって成長する土壌となるようなステージ・環境・プラットフォームの創造に注力してまいりました。 国内のAIシステム市場規模は今後CAGR 20~25%での成長率で推移し、2027年度には1.1兆円までに成長することが見込まれる成長市場です。また、アドテクノロジー市場も2024年~2030年において、CAGR 16.1%で成長し続けると予測されています。一方、この掛け合わせである、生成AIネイティブサービスのマネタイズには課題が残っており、大きなビジネスチャンスもある領域です。 当グループは、多種多様な業種の集まるベンチャーエコシステムの実現のため、生成AI分野への投資を積極的に行っています。今回の出資を踏まえてより強固な事業連携を進めることで、フラクトライト社のさらなる成長を支援してまいります。 ■株式会社ディ・ポップスグループ 代表取締役 後藤 和寛 コメント この度はフラクトライト社へ出資の機会を頂き、大変嬉しく思っております。 生成AIは今後様々な場面での活用が予想される中で、いち早く生成AIに特化したネットワーク広告のプラットフォーム創りに挑戦する中川社長を是非応援したいと思い、出資を決めさせて頂きました。中川社長と最初にお会いした際、過去のアグレッシブな挑戦、そして行動力など、成功する起業家の特徴を複数兼ね備えていると感じたことがとても印象的で、今後の飛躍に大きな期待を寄せております。 我々が進めている「ベンチャーエコシステムの実現」という構想は、ベンチャー企業にとって成長する土壌となるようなステージや環境を提供していくことで、スタートアップの成長を支援し、社会に貢献していくことを目指しています。今後、中川社長率いるフラクトライト社を力強く支援していくことで、共に成長し、フラクトライト社の企業価値の向上に努めてまいります。   ■株式会社フラクトライト 代表取締役 中川 優志氏 コメント 私は生まれてから社会人になるまでの間、10円玉で公衆電話をかけていた時代、インターネットが普及し始めた時代、そして携帯電話やスマートフォンでSNSを利用できるようになった時代を経験してきました。後になって、これらの変革期に挑戦者たちが新しい時代を切り開いてきたことを知りました。 生成AIという大きな社会変革の千載一遇のチャンスを掴み、事業を成長させるにあたり、今となってはあたり前のものとなった通信やインターネットの分野でのチャレンジを経て、輝かしい実績を築いてこられた後藤様と杉原様からご支援をいただけることに、非常に心強く感じています。   ■株式会社ディ・ポップスグループ アドバイザー 杉原 眼太 コメント 人々の豊かな暮らしを実現するための生成AIを活用したサービス作りを理念とするフラクトライト様とは、人々に喜びと輝きを提供するための「ベンチャーエコシステム作り」を目指すディ・ポップスグループとの理念の一致を見ました。 創業者の中川氏とは、Googleで出会って以来、友人として10年の付き合いがあり、その間、彼の洞察力と圧倒的な行動力を見てきました。また仕事でつながりを持つことができ、大きな期待と深い縁を感じます。   ■株式会社フラクトライト 事業概要 生成AI領域でサービスを展開。 (1)生成AIのマーケットプレイス (2)生成AI連動型広告ネットワーク   ■株式会社フラクトライト 企業概要 会社名:株式会社フラクトライト 代表者:中川 優志 所在地:東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー27F 本 社:548 Market Street, San Francisco, CA 94104 設 立:2023年4月28日 サイト:https://fluctlight.ai/  
IR
2024.06.21
一覧を見る